土地も買おう

屋上へ行ける階段

マイホームを持つことは働く人にとって目標の1つですが、購入後にすぐに転勤になるといった話を聞くことはめずらしくありません。
またいつマイホームのある所に戻ってこれるのかわからないため、長年空き家として住宅ローンだけを支払うということになってしまいます。
家は住まない間も傷んでいくものですし、住まずにそのままにしておくことはもったいないです。
そのような場合には誰かに貸すという選択肢があります。
家賃をもらってその中からローン支払い分に当てて残りを利益としてもらうということも出来ます。
また転勤先から戻ってくる時に家を明けてもらう約束をしておけば問題となりません。
気に入らなければそのまま売却するということも可能です。

不測の転勤などは仕方ありませんが、マンション購入時に最も大切なことは住宅ローン返済計画です。
長い年月をかけて返済することになるので、これから先の人生設計をきちんと立てて計画することが大切です。
頭金を出来るだけ準備し、短期間で返済を完了させることがベストですが、毎月の返済できる金額は限られてきます。
その際決して生活が苦しくならないよう支払額には余裕をもった金額とする必要があります。
残業代やボーナスなどの臨時収入は当てにしないことが大切です。
毎月の返済額が多いと生活を圧迫し、最悪の場合自己破産になったり折角のマイホームを手放すことになります。
そして可能な限り繰り上げ返済をして少しでも支払利子を減らすことが重要です。