空室リスクを下げる

かわいらしいデザイン

マンションを利用しての不動産投資は、いつの時代でも人気があるものです。
賃貸に出して家賃収入を得ることにより、資産形成とするわけですが、その方法には実は様々な方法があります。
バブルが崩壊してから不動産価格が落ち続ける中において、家賃相場は比較的落ちることもなかったために、家賃の利回りが相対的に上昇することになったわけです。
すると、マンションを購入する費用を家賃で十分にまかなえることができるようになったわけです。
そこで、将来的にはこのマンション経営を安定収入のひとつとするために、ローン返済は家賃でまかなってしまうスタイルが増えたわけです。
ワンルームであればサラリーマンでも負担無く購入できるので、多くの人が検討しています。

もともとは、ある程度保有する資金を元にしてローンを少なくしておき、家賃でまかなうとともに毎月収入を得るスタイルが多いものでしたが、今ではほとんど頭金を入れないケースが多いものです。
そしてローンを払い終えるまで家賃収入でまかなう形となるわけですが、最近では少し様子が変わってきています。
土地の価格の下落に歯止めが見られるとともに、マンション価格も上昇の兆しが見えてきています。
それを受けて、新築よりも中古市場に注目が集まるようになってきています。
中古マンションの場合には、ある程度頭金が必要となるものです。
そこで再び資金をある程度投入した上で、早めにローンを完済することを目指す持ち方が見られるようになってきています。